タグ:ケーキデコレーション ( 46 ) タグの人気記事

このところ雨が多くて、めっきり涼しくなりました。
クリームアイシングには、扱いやすいいい時期です!

さて、この間スタートしたと思っていたクラスですが、早くも最終回を迎えました!
あっという間の4ヶ月。早すぎて怖い~。

f0281084_11003940.jpg
f0281084_11003706.jpg
もう皆さん、慣れた手つきでどんどんお花が出来ちゃう!
4ヶ月前は、ガムペーストを触ったことのなかった方もいます。
それがこんなにサクサクと、いろんなお花が作れちゃう。

そして作ったお花をまとめて、一つのブーケにします。

f0281084_11002398.jpg
メインのリリーは同じなので、同じようなブーケが出来るかなーという私の予想を激しく裏切って、みんなそれぞれ色も形も違います。
不思議だね~。同じようなのに個性が出るんだもんね。

このクラスは、3カ国からの生徒さんたちのインターナショナルなクラスでしたが、みんな明るくてとても楽しいクラスでした。
最終回の次の金曜日に、「毎週行っていたので、クラスが終わっちゃって淋しい~」というメールを皆さんからいただきました。私もだよ-。
でもまた、近いうちにイベントクラスを企画しますので、ぜひぜひご参加くださいね~。


そして、7月からスタートしたクラスは、早くもコース2を修了しました!
コース2は、お花をいろいろ絞るクラスです。
ウィルトンはもともと、絞りのテクニックで一世を風靡しました。
このプレッシャーパイピング(絞り出し)こそウィルトンの真骨頂だと、私は思っています。
そのパイピングを思う存分使ったのが、このコースの修了作品。


f0281084_11002948.jpg
決まっているのは、サイドのバスケット編みと、上下ボーダー(縁飾り)のリバースシェルという絞りだけです。
あとは色もデザインも自由に、自分の思うままにケーキを仕上げます。

するとこんな風に、個性豊かなそれぞれのケーキが生まれます。
全く同じ道具を使って、全く同じカリキュラムで学んだことが、それぞれに生きています。


今月から、新しくまたクラスがスタートしました。
最初は皆さん、誰でもそうですが、「大丈夫かなぁ。あんなの作れるかなぁ」と、先輩たちの作品写真を見て不安になるようです。
でもね、ご安心あれ。どなたもみんな、最初はそうなんです。
経験のある方も中にはいらっしゃいますが、ほとんどの方がデコレーションは初めて。
でもウィルトンでは、絞り袋の先のカットの仕方からやります。クリームの詰め方、持ち方はもちろんです。

初めてのデコレーションは、ビスケットの上に、たったひとつだけ「スター」という絞り方を使ったもの。

f0281084_11010502.jpg
たったひとつの絞り方で、こんなにいろんなデコレーションが出来ます。
これからいろんな絞り方をおぼえていくと、どんどんデコレーションの幅が拡がります。

初日の午後にはもう、こんなケーキを作りますよ~。


f0281084_11010699.jpg
このケーキは、生クリームでナッペしたものに、クリームアイシングというクリームを使ってデコレーションしています。
間にラズベリー味のクリームを挟むのですが、その酸味が効いていて美味しいですよ~。
スポンジは、私の自信の(笑)口溶けのいいしっとりスポンジ。

土台のケーキのトップが平らでないとき、例えばバターケーキなどはトップが盛り上がりますが、それを平らにすることをレベリングと言います。
スポンジは、真ん中が盛り上がることはそうないのでそのままで使っていただくのですが、この日は説明のために、トップを少しだけレベリングしました。うすーく1cm厚さもないくらい。
そのカットしたスポンジがもったいないので(笑)、丸めてケーキポップスを作ったら2個出来た。
親指と人差し指で作ったマルくらいの大きさなので、ちっちゃいポップスです。

f0281084_11252682.jpg
2個しかないので、ぎりぎりの量のキャンディメルツ(チョコレート)を溶かして、グルグル回してつけました。下の方、足りてない(笑)。
作り置きのパーツボックスからお花をくっつけて出来上がり!
これは我が家の、晩ご飯のお食後になりました~。

ウィルトンクラス、どんどん進んでいくので、ぼやぼやしているとブログが滞ります。
涼しくなってきたしね、報告も頑張りまっす!
お楽しみに~♡





[PR]
by wilton_m | 2014-09-07 11:35 | クラス

最近のクラス

昨夜ブログをかなーり最後の方まで書いたのに、なんだか一瞬で消えてしまいました。
ひぇーーーー!
書き直す気力なく、寝ました。。。
なので今日は気を取り直して、再度行ってみます-。

さてさて、ちょっと油断しているすきに、クラスはどんどん進行中でございます。
まずは、7月からスタートした1日2レッスン隔週クラス。
これがもう、ドンドコ進んでいくの。
実は今日もこのクラスだったのですが、早くも次回はコース2が終わるよ。エライこっちゃ!
そんなわけで、コース1のレッスン3の画像から。

f0281084_22023584.jpg
今回はポンポンフラワーを、お好きなカラーで作っていただきました。
なのでかわゆくカラフル~。
このお花は、カップケーキの上にのせるよ-。


f0281084_22005107.jpg
のせてみた! 
そしてみんなのカップケーキを、ケーキスタンドにのせてみた!

f0281084_22004708.jpg

このままバースディパーティーでもお茶会でも、何でも来い!って感じにかわいい~。
スターフラワーのカップケーキも色とりどりで、とっても華やかになりました。

そして午後は続けて、レッスン4のリボンローズのケーキです。
この時期、クリームアイシングは扱いにくいのですが、みんながんばって絞ってくれました。

f0281084_22005151.jpg
カラーで個性が出ます。
どれもみんなすてきでしょう?
配色やレイアウトのバランスも、みんなとてもお上手です。
このケーキは生クリームでナッペしてあります。
お花の部分はかなり甘いけれど、おいしいよ~♪


さて、そして現在コース4に進んでいる毎週金曜日クラスです。
先月、コース3を修了しました。
コース3はガムペーストを使ったケーキを作りますが、メソッドの4つのコースの中で、一番オリジナリティが出せる作品です。
どんなお花を使うか、どんなカラーにするか、習ったテクニックを駆使して自分だけの表現ができます。
では、ABC順で行ってみよう~!

f0281084_22010281.jpg
まずはAさんのケーキから。
ヴィヴィッドでカラフルなデザインが、Aさんの持ち味です。
大きなバラは、ウィルトンから出ているフラワーカッターセットの中の型を使いました。
作り方は、メソッドで習ったバラと同じですが、大きいとインパクトありますね~。
チョウチョもあしらって、カラフルなお花畑が出来ました。

f0281084_22010258.jpg
Cさんの作品です。
Cさんはとーーってもたくさんお花を作ってきてくれました。
いくつものケースにぎっしり。なのでこんなにたくさんお花を使った、豪華なケーキが出来ました。
メインになるお花だけではなく、隙間にあしらうような小さい花もたくさん作ってあって、細かいところにもぎっしりとお花が入っています。
コース3で習ったお花を全種類、プラス自分で考えたお花もあって、さくさくと仕上げました。
かわいくてゴージャスなケーキです。


f0281084_22010247.jpg

Kさんは、ハートがテーマのケーキです。
サイドやボーダーにもハートがいっぱい。
そして、トップのお花もハート型に並べています。
バラは赤の濃淡で、カーネーションは斑入りのグラデーションにして変化をつけました。
とってもキュートでラブリーな作品です。


f0281084_22010274.jpg
Mさんはレッスン前日に、作って窓際で乾かしていたお花たちが、風でガッシャーン!と壊れるというアクシデントに見舞われました!
でもそれからまた、このお花たちを作ったというからすごい!!
バラの黄色と白いデージーがピンクのケーキに映えて、かわいくてエレガントなケーキになりました。
カバリングの時点では、ピンクが濃すぎたかなぁと言っていたのですが、かえってこのくらいのピンクの方が、デージーがはっきりして良かったと思います。
Mさんはなんだか、お花作りにはまっているようですよ~。作り出すと楽しいですからね-。

そんなこんなで、とりあえずはできあがった作品はアップできた!
金曜日クラスは、コース4もあと2回を残すだけになりました。早いね~。
月曜日クラスは、今日からコース2。でも写真を1枚も撮らなかったの。。。撮り忘れたとも言う。

そうそう、Aさんの使ったフラワーカッターのセットはこれです。

f0281084_16490544.jpg
いろいろ、たくさんのお花の型と一緒に、作り方テキストも入っています。
ただ、このテキスト、日本語版はありません。英語、フランス語、スペイン語です。
でもね~、行程写真もいっぱい載っていますので大丈夫です。
一部、メソッドのキットの中に含まれる型とかぶっていますが、なかなかお得なセットです。

というわけで、今週はお盆休み。
私はお盆休みの間に、たまった事務仕事をします。。。
あ、シュクルのブログも、画像がたまっているんだった(>_<)。

皆さま、良い夏休みを!





[PR]
by wilton_m | 2014-08-11 17:10 | クラス
2014年9月から新たにスタートする、ウィルトンメソッドクラスを募集いたします。

今回スタートするクラスは、1日に午前、午後1レッスンずつ、隔週で行います。
1日2レッスンなのでちょっとハードですが、遠方の方も通っていただきやすいと思います。



アメリカ発祥の楽しいケーキデコレーション。
わずか4ヶ月で、すてきなケーキデコレーションのテクニックが身につきます!

ウィルトンメソッドは、過去85年間に渡り、世界中で500万人以上の人々が楽しく学んできました。
難しそうに見えるデコレーションも、このメソッドに従って学ぶことで驚くほど上達します。
基本的な道具は、レッスンキット(受講料に含まれます)に入っていますので、おうちで復習や練習もすぐに出来ます。
たくさん練習して、みんなを驚かせちゃいましょう!

ウィルトンクラスは、2時間のレッスン×4回で1コース。
全部で4コースあります。(全16レッスンです。)
4コースすべて修了後は、アメリカのウィルトン本社に 4 Star-Studentsとして登録され、認定書が発行されます。

また卒業後も、習ったテクニックを維持するために、いろんなイベントクラスが開催されます。
復習と、新たなスキルアップが出来るのも魅力です。


◆2014年9月スタート・隔週金曜日クラス◆

隔週月曜日 10:00-12:00 13:00-15:00  

定員 4名 
受講ご希望の方は、ウエイティングリスト登録ができます。
今回ご都合が合わない場合など、次回募集時には優先的にご案内いたします。
ウエイティングはお申し込みのご予約ではありませんので、お気軽にご登録ください。

*コース1 日程:9/5, 9/19  
*コース2 日程:10/3, 10/17 
*コース3 日程:10/31, 11/14  
*コース4 日程:11/28,12/12  

上記の日程で開催予定ですが、ご相談の上、クラス全体での日程変更も可能です。
個別の日程変更は、基本的に出来ません。
隔週レッスンのため、ホームワークの都合上、レッスン内容の履修順序を調整いたします。

コースの詳しい内容はこちらからご覧くださいね。→

ウィルトンメソッドは、高校生以上の方を対象とさせていただいております。
お子様の同伴は出来ません。
3名様からの開講となります。
ご応募の方が3名に満たない場合は開催を見合わせ、新たな日程で募集をいたします。
上記の点、ご了承ください。

受講料は各コースごとのお支払になっています。
受講料のお支払いはすべて、前月中に指定口座へのお振込となります。
お問い合わせをいただいた方に、申込書と受講ガイドラインをお送りします。
申込書にサインをいただき、コース1受講料をお振込いただいた時点で、お申し込みが完了いたします。

お申し込み、お問い合わせは、0263-50-3175 または info*kawaiicake.com まで。
(メールアドレスの *印を、@に変えてください。)

たくさんのご参加をお待ちしています~。




[PR]
by wilton_m | 2014-08-08 22:14 | お知らせ

どんどん進行中!

PCが故障しまして、HDDが認識しなくなってしまったのですが、やっと新しくなりました。
前のPC、まだ1年ちょっとだったのですが何度も不具合があり、思い切って新しいのを買いました。
何度もトラブルで仕事にならないんだもの。あきらめた!!
もうなんだか6月下旬から7月中旬までの記憶がありません。。。
というくらい公私ともにバタバタで、いろいろ生徒さんたちにもご迷惑をおかけしました。
結局HDDは元に戻らず、データがかなり消失しました。
データが飛ぶって、知らない国で路頭に迷っている気分ですね。←どんなたとえ?

まぁそんなこんなでしたが、ウィルトンクラスは着々と進行しています。

まずは、5月スタートクラスのコース2の作品です。

f0281084_14383877.jpg
f0281084_14383852.jpg

このクラスは、3カ国の生徒さんたちのインターナショナルクラスですが、みんな元気で明るくて、とっても楽しいクラスです。
作品もそれぞれ個性が光ります。
カラフルでかわいいのから、清楚でエレガントなのまで、各種取りそろえです。
このクラスは現在、コース3を進行中。
あと1レッスンでコース3も終了です。早い~!!

そして、今月からまた、新しいクラスがスタートしています。
今度のクラスは初めての試みで、1日に午前午後の2レッスンを隔週で学びます。
ちょっと忙しいけれど、遠くから通ってくださる生徒さんには便利かも?
だってねぇ、片道2時間とか掛かって、2時間のレッスンじゃ、毎週通うのは大変ですものね。
しばらくこのスケジュールでやってみようと思っています。
なんせ長野県、広いし。。。

前回は初めてのレッスンでしたが、ビスケットデコと、このカップケーキデザインのケーキデコをやりました。

f0281084_14383859.jpg
f0281084_14383892.jpg
初めてのケーキデコレーティングで、こんなかわいいケーキが出来ちゃいます!
ビスケットの画像は撮り忘れた。。。(>_<)

1日2レッスンは、宿題の都合上(笑)履修順序が少し前後しますが、手順はうまくやり繰りが付いて、かえって時間的には余裕がある感じです。
1日に学ぶことはどっさりだけれど、練習時間もたっぷり取れるので、この方法はいいかも?と思います。
ただ、準備する私は2回分を一気に用意するので、少々多忙(笑)。
明日はコース1の後半レッスンですが、朝からスポンジケーキを4台、カップケーキを15個、クリームアイシングを3.5kg捏ねました。
明日は朝から、生クリームを1リットル弱、泡立てます。がんばるぞー。

毎日暑いですが、レッスン中はエアコンフル稼働で涼しいので(笑)、私はレッスンが入っている方が暑くなくていいかも~。
今年の夏は、半端なく暑いですよね。でも去年もそう言っていた気がします。。。
去年のことなんて、もはや忘却の彼方ですからねぇ。。。





[PR]
by wilton_m | 2014-07-27 14:49 | クラス

今日、明日と、スポンジ&カップケーキのベーキングレッスン真っ最中です。
ふわふわスポンジが上手に焼けるようになってくださいね~。

さて、5月の連休明けから新しいクールがスタートしました。
そして私がボヤボヤしている間に、なんとコース1が終わっちゃいました~!!!
いやぁ、まいった!
ブログに必要なのは、体力とまめさだね。どっちもないね、私には。


f0281084_22322544.jpg

今回のクラスは、日本語テキスト1冊、スペイン語テキスト3冊でっす。
私は相変わらず、ALL Japaneseでレッスンしてますよ。
だって、日本語しか喋れないもん(笑)。
スペイン語の数字、相変わらず5までしか憶えられないし。。。
ま、いいのいいの。人類皆兄弟さ~。
私が喋らなくても、生徒さんたちはみんな日本語が出来ます。いやいや大したもんだ!

さて、コース1の課題、一気にずらずら~っと行きますよ!


f0281084_22322009.jpg
レッスン1のビスケットデコレーション。
たったひとつ、スターの絞りだけでデコレーションしています。


f0281084_22320277.jpg
f0281084_22320221.jpg

そして、2回目のレッスンで作れちゃう、カップケーキのデコ。
ナッペ部分は生クリーム。カラフルなクリームは、クリームアイシングというウィルトンのオリジナルクリームです。
ウィルトンのメレンゲパウダーを使って作ります。


f0281084_22310430.jpg

レッスン3は、カップケーキデコレーション。
この日はお花の絞りもいくつか学びますので、習ったばかりのお花絞りを使ってデコレーションします。


f0281084_22310481.jpg

残ったクリームで、私もカップケーキに絞ってみたよ~。
色と口金の組み合わせがレッスンのままなので、デザインが限られる。。。
もうちょっと頭をひねってみなくては(^_^;)。

そしていよいよレッスン4は、コース1の最終回。
リボンローズと文字を使ってのデコレーションが課題です。


f0281084_22320273.jpg
f0281084_22320268.jpg

文字は、自由に好きなセンチメントを書いていただくのですが、
この日はなぜか全員が「I love you」。
う~ん、いいねぇ。やっぱり人生は愛よね。
それぞれ、お花の色もレイアウトも違って、同じ課題でもいろんなケーキが出来上がります。
これを見るのが、毎回の私の楽しみになってきました。

さて、コースは次回、ロイヤルアイシングを使ったお花をいっぱい絞るコース2です。
コース2が、このウィルトンメソッドの一番の山場だと私は思っています。
一番練習が必要ですが、一番楽しくて、一番力の付く部分です。
頑張っていきましょうね~。






[PR]
by wilton_m | 2014-06-02 22:52 | クラス

昨年秋から日本でも導入されたコース4、アドバンス・ガムペーストフラワーのクラスを、6月に開講します。
新しく増えたコースなので、導入前にメソッドを学んだ方たち対象です。
以前はコース3でウィルトンメソッドコースが卒業でしたが、現在はコース4までの履修が必須になっています。
コース3までしかやっていないわ~、という方、ぜひこの機会にご参加くださいね。
コース3まで、別教室で修了された方もご参加いただけます。

今回は、2日間でコース4の4レッスンすべてを終わらせます。
午前、午後と1レッスンずつ行いますので、遠方の方もご参加いただきやすいかと思います。


◆コース4・上級ガムペーストフラワー◆ 内容はこちらをご参照ください。

 2014年6月14日(土)10:00~12:00, 13:00~15:00
 2014年6月23日(月)10:00~12:00, 13:00~15:00

 定員・4名 …締め切りました。
 講習料・29,451円(材料費・税込)

 ランチは各自ご用意ください。
 制作の都合により、レッスン内容が少し前後します。ご了承ください。

お申し込み、お問い合わせは、
info☆kawaiicake.com (☆マークを@に替えてください)まで。
ご不明のことがございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいね。



[PR]
by wilton_m | 2014-05-22 22:37 | お知らせ

ご卒業おめでとう~!


1月からスタートしたクラスも、いよいよ最終回となりました。
コースのラストレッスンは、コース4で作り貯めたお花を、ひとつのブーケにまとめます。

f0281084_12354997.jpg

その前に、お花ひとつずつをお化粧してあげなくてはなりません。
パウダー状のカラーをはたいて、お花にニュアンスをつけていきます。
平面的だったお花が、このダスティング作業によって息を吹き込まれ、本物のお花のように生き生きしてきます。

f0281084_12360398.jpg

ユリの花びらは1枚ずつ作って、乾かしてからお花の形にまとめます。
単調な白い花びらが、表情豊かになってきました。

f0281084_12355365.jpg

そして、ワイヤをフローラルテープで丁寧に巻きます。
この作業をすることによって、ブーケをまとめやすくなります。
ちょっとめんどくさいけどね(笑)。


f0281084_12360360.jpg
小さなブロッサムをこんな風にまとめるだけで、ちっちゃな可愛い花束が出来ます。
こんなミニブーケが、プレイスプレートのナプキンに添えられていたら嬉しくなっちゃいますね~。
お客様をするときに、ナプキンのカラーに合わせて作ったりも出来ます。
ちょっとお茶を飲みましょう、なんて気軽なときでも、こういうものがあると楽しい。
お砂糖で出来たお花ですから、話題にもなりますね。
束ねたワイヤ部分にリボンを巻いて、輪っかにするとナプキンリングにもなります。

さて、そして皆さんのブーケをご覧になってね~。

f0281084_12525380.jpg

どうですか~? みんな、とってもきれいでしょう?
スイートピーとブロッサムは、自由にお好きな色をつけていただいたのですが、このお陰でそれぞれのブーケに個性が出ました。
一方向からだと、チラリとしか見えないのがちょっと残念。
一番右のKさんは、リリーの芯に、おしべの先の葯(やく)の色違いを使いましたが、それだけで印象が違います。 
ユリは、作った人の違いがそんなに出ないかなぁと思っていたのですが、なかなかどうして! 
ピンクの色の差し方や斑点のつけ方で、お顔の違うユリになることを発見。 

長かったようで、あっと言う間だった4ヶ月間。
みんな熱心に、一生懸命宿題も練習もしてくれて、回を重ねるごとにぐんぐん腕を上げて行きました。 
でもね、しばらくやらないと忘れちゃいますからね。なんでもそうよね。 
なので、今まで習ったことを生かして、どんどん作ってくださいね~。 
おうちの方々にも喜んで貰えるし、お友達にプレゼントしたらビックリしてくれます。 
また復習クラスもありますので、そちらにもご参加くださいね。

ウィルトンメソッドは、基本の絞り袋の持ち方、口金のセットの仕方から学びます。 
なので、全くの初心者の方でも全然平気。 
それぞれのコースは4レッスンで構成されていますが、中身の濃いレッスンなので、たった4回のレッスンでいくつかのお花を絞れるようになります。 
そして、だんだん複雑な絞りや、お砂糖の粘土のようなペーストを使ったデコレーションへと発展させていきます。
コース4までのレッスンを修了した方は、アメリカ・シカゴの本部に申請後、「4Star Student」の証書が与えられます。 
ウィルトンは全世界共通の内容でレッスンをしていますので、この証書は、正式に公認クラスで履修したという証明でもあります。

今週金曜日からは、また新しいメンバーをお迎えして、新しいクラスがスタートします。
気持ちも新たに、私ももう一度、コース1のテキストをおさらいしておかなくては。
ケーキデコレーションは、楽しくて可愛くて、そして美味しい(笑)。
周りのみんなを笑顔にし、作る人も楽しくて笑顔になります。
一緒に学んでみませんか?

Happy Cake Decoration!







[PR]
by wilton_m | 2014-05-06 13:20 | クラス

いよいよ大詰め


コース4も3回目、いよいよ次回は最終回という大詰めです。
このコースは、最終的にはお花のブーケを作りますので、ケーキはありません。
あれ?ケーキデコレーションなのに?と思われるかも知れませんが、ブーケが出来るようになると、ケーキの上にアレンジすればいいだけなので、すごーく応用が利きます。

f0281084_18591825.jpg

シュガークラフト界では、よく出てくる周知のお花、ステファノティス。
でも本物は見たことないのよね~、と言っていたのですが、ぐぐってみた!
そしたらー、ステファティノスというのは、マダガスカル・ジャスミンの別称だそうです。でも、ジャスミンの仲間ではないという、なんかわかったようなわからんような…。
結局、よくわからん花ですが、見たことあるのかなぁ?
とにかく、このお花は丸めたペーストを、いわゆるメキシカンハット型に成型して、それをカッターで抜いて作ります。

f0281084_18592153.jpg

そして、レッスン1で作ってあった芯を使って、スイートピーのお花も作りますよ~。
スイートピーは、チョウチョみたいで可愛いね。いろんな色で作るとラブリー❤

f0281084_18592534.jpg

お花たちは、こんな風に吊して乾かします。
これはウィルトンから出ている専用ツールですが、なかなか優れもの。
昔からあるイギリス製のよりも、ずっと使いやすい。(そして安い(笑)。)
たくさん吊せますしね。
私は大量にお花を乾かすときは、今までパスタを干すツールを使っていたのですが、あれよりこっちの方が断然いいわ~。
もしかしたら、これ、パスタも干せる?


f0281084_18593014.jpg

右側のトレイに入っているのは、今までに作って乾かしてあったパーツに、カラーを筆で着けて、ニュアンスを出しました。
ダスティングって言います。ウィルトンのテキストでは、仕上げのタッチと書かれています。
このダスティングをすると、花や葉に一段と表情が出ます。
このときに使うカラーは粉末状ですが、昔から使われているいわゆる「食紅」とは違うものなの。
仕上げ用なので、水で溶いたりせず、はたいて使います。
つまり、早い話がシャドウやチークみたいな感じね。
お花たちもお化粧ってワケよ~。

次回はいよいよ、ウィルトンメソッド全4コースの最終回。
残りのパーツにダスティングをして、お花に組んでいきます。
葉っぱも組み合わせて、きれいなブーケが出来ますよ~。
コースが終わっちゃうのは、なんだか淋しいな。。。





[PR]
by wilton_m | 2014-05-01 19:20 | クラス

お花が少しずつ…

コース4も、着々と進んでいます。
レッスン2では、葉っぱやお花のパーツを作りますよ~。

f0281084_18413127.jpg

まずは葉っぱを2種類。
アイビーとユリのリーフを作ります。
コース4は、いろんな花びらや葉っぱの型とともに、画像に映っている紫色のインプレッションマットというツールがキットに入っています。
これは、花びらや葉っぱに型押しして、花脈や葉脈をつけるものです。
裏返すと溝が刻まれていて、この溝を使って、ワイヤーをパーツに取り付けることが出来るようになります。
なかなかお利口!優秀!!

私は長いことシュガークラフトをやってきましたので、こういうお花や葉っぱを作るのは、もう何百回、何千回とやってきました。
私が最初に習ったのはイギリススタイルのシュガークラフトだったので、その方法でずっとやってきましたが、ウィルトンとはところどころ方法が違います。
もちろんイギリス式のシュガーもどんどん進化して、最初の頃とは型ややり方がずいぶん変わりました。
イギリス式とウィルトン、どちらがいいというわけでなく、どちらもそれぞれによく考えられた方式です。
ただ言えるのは、ウィルトン式はとても合理的に、初めての人にも簡単に作れるように考えられていると言うことです。
長くシュガーをやってきていても、そういう手があったか!と思うこともしばしば。
このインプレッションマットの溝もその一つです。
いえ、イギリス式もやっぱり、ワイヤをつけるのにはこういう溝を使いますよ~。
でもね、ワイヤの取り付け方が全然違う。文字ではうまく説明できませんが、ウィルトンはワイヤを挟んじゃうんです。
正直言って、初めてこれを使ったときにはビックリしました。こんなのアリ?って感じ(笑)。
でも実際に作ってみると、作りやすさではウィルトン方式の方が数倍簡単です。

f0281084_18301253.jpg

このお花はワイルドローズ。野バラです。
日本では野バラって、あんまり馴染みがない気もしますが、なぜかシュガーではよく出てくる!
つるバラとか、よく垣根やトレリスに這わせて植えてあるのが、この一重のバラに似ています。
可憐な感じで、私は結構好きよ♪
おしべのパーツ(ペップといいます)を1本ずつ植えるのが、ちょっとめんどくさいの(笑)。
ペップは食べられません。
シュガークラフトでは、ペップとワイヤは食べられないものを使ってもOKということになっています。

f0281084_18301415.jpg

さて、そしてこの日に出来たものはこんな感じね~
白い葉っぱみたいなのは、葉っぱじゃなくてユリの花びらですよん。
ユリは、花びら1枚ずつにワイヤをつけて、後で組み立てます。
葉っぱや花びらが乗っかっているのは、フラワーフォーマーというツールです。
これはね、コース2のキットに入ってくるの~。
これに乗っけて乾かすことで、葉っぱや花びらに自然なカーブが付くというわけです。
ワイルドローズが入っている丸いのも、フォーミングカップといって、お花を乾かす用のカップですよ~。
ちょっと浅い平べったいのと、深さのあるのと2種類あります。
それぞれにお花の表情が違って乾くので、自分の作りたいものに合わせて使い分けます。

さあさあ、少しずつパーツが出来てきました。
次回はスイートピーや、これまたシュガー界ではポピュラーだけれど、未だ本物を見たことがない(笑)ステファノティスというジャスミンに似たお花を作りますよ~。
お花を作るのは、なかなか楽しいです!







[PR]
by wilton_m | 2014-04-20 19:11 | クラス

かわいいクマちゃん~❤

今日は午前、午後とクマちゃんのドームケーキのクラスでした!
可愛いクマちゃんを描いたドーム型のケーキです。
中にはなんと!プリンが入っています~。

最初は、スポンジをトーティング(水平に切り分けること)します。
これはね、ケーキレベラーって言うツールを使えば、誰でも簡単にできちゃう!
そして、プリンをフィリングしながらドーム型を作っていくのですが、この方法に皆さんビックリ!(笑)
でもうまく、まぁるい可愛いドーム型が簡単にできちゃうのです。
ウィルトンの良さは、こういうアイディアかな~。
製菓のケーキを、っていう言い方は変ですが、いわゆるお菓子作りをずっとやっていると、これはこうあらねば!みたいに結構アタマが硬くなっているのですが、ウィルトンはそういうところをピョン!と飛び越えて、楽しく手軽に作れるノウハウをたくさん見せてくれます。
デコレーティングを楽しむって、こういうことだな~、ホントに楽しいな~、と思わせられることがいっぱい。

f0281084_19323330.jpg

ケーキの土台が出来て、冷やしている間に、絞りの練習をちょっとします。
それぞれ、どうやればうまく絞れるかというコツがあるので、それを説明しながらプラクティスシートに練習です。
今日使う絞りだけを特化したプラクティスシートだよ~。

f0281084_19324831.jpg

そして、練習ばっかりしていてもつまんないので、どしどし絞っちゃう!

f0281084_19325167.jpg

ガンガン行くよ~!

f0281084_19325492.jpg

そして出来たのがこちら~。

f0281084_19330919.jpg
f0281084_19331242.jpg
f0281084_19331420.jpg

みんなお顔が違うの。
それぞれ表情が違っていて、でもどれも可愛い❤
お人形やこういうお顔は、作る人に似るっていうけど、どうですか? 似てるかな?

f0281084_19325296.jpg

おけいこが終わったあとの、今日のちょっぴりおやつは、ちびカップケーキにクリームアイシングを絞りました。
頑張ったあとは、甘いものがおいしいね~。

おうちに持って帰って、ご家族の感想はどうだったかな-。
楽しく作れて、みんなを驚かせて、おいしく食べられるなんて、ケーキデコレーションってホントにいいですね~。
この台詞で、あれれ?と水野さんを思い出した方は、ソコソコのお年だね。
水野さんって誰?!と思った方は、まだまだお若い証拠です(笑)。

さて、お若い方もソコソコの方も、ケーキデコレーションを始めてみませんか?
どんなお年頃の方にも喜んでいただけます。







[PR]
by wilton_m | 2014-04-15 19:55 | クラス

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m