<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ちょっと気を抜いている間に、2ヶ月経っちゃいました。。。
嘘のような気がする。。。。

というわけで、コース3と4をまとめてご報告です!

コース3は、コース1,2と違って、ガムペーストやフォンダン、つまりお砂糖で出来た粘土のような素材を使ってデコレーションしていきます。
1,2は、主に口金を使って、クリームを絞り出して作るデコレーションでしたが、3からは、まさしく粘土細工のような楽しさ。
どんな風にでも工夫次第で作れるので、自由度が高いです。

さて、皆さんの作品。


f0281084_14051348.jpg


Sさんは、カルメンのイメージです。
明るい赤と黒のコントラスト。
お花は敢えて、バラだけに絞り、数も抑えて全体の雰囲気をまとめました。
サイドには、フラメンコの衣装を思わせるフリルを。
とても印象的な、素敵なケーキです。


f0281084_14051324.jpg

Yさんは、お花をどっさり作りました。
お花畑を思わせるゴージャスなアレンジをリボンと絡めています。
お花のカラーもとりどりですが、使う場所でそれぞれにして、きれいにまとまりました。
コースの途中で肩を痛められて大変だったにもかかわらず、こんなに沢山お花を作って頑張りました!


f0281084_14051336.jpg

Mさんは、鳥をモチーフにしました。
リボンのテクニックを応用して、トップにブルーの鳥かごを。
最初予定していた鳥かごとは少し違ってしまったらしいのですが、とても可愛いです!
サイドの黄色い鳥は、かごから逃げ出したのかな?
ストーリーを連想させる、真紅のケーキです。

三人三様、同じことを習っても、こんなに雰囲気の違うケーキが出来るのって、本当に楽しいです。
自分の中にないイメージが現れてくるので、私も見ていて楽しい。びっくりぽんよ(笑)。


そして、コース4では、砂糖で出来たお花のブーケを作ります。
ワイヤを使って、本物のお花のように花束にしていきます。
出来たブーケはケーキに飾るととても豪華ですし、ブーケの形のまま外すことも出来ますので、記念に取っておくことも出来ます。
湿気にさえ気をつければ、半永久的に持つんですよ~。
色はどうしても褪せちゃいますけれどね。


f0281084_14051310.jpg

コース4では、それこそみんな同じお花を作っていただきます。
大きな百合は全く同じに作りますが、小花はそれぞれお好きなカラーにしていただくので、ブーケにすると形は似ていても雰囲気がずいぶん違います。
きりっとしたブーケ、ふんわり優しいブーケ、明るいイメージだったりと、こちらも個性が表れます。


さて、まだまだ残暑の8月末からスタートしたこのクラスも、無事に修了いたしました。
あんなに暑かったのに、今月になってからはヒーターを入れてのレッスンでした。
夏の終わりから冬の入り口まで。。。


f0281084_14231262.jpg

最終回の朝、みんなを待つテーブルです。


f0281084_14231298.jpg


ウィルトンメソッドのコースをすべて修了すると、このウィルトンロゴの付いたベージュのエプロンが貰えます。
このエプロンは、メソッドコース修了者の印。胸を張って着けてくださいね。
私からはささやかな、おめでとうのカードを。
4ヶ月間はいつも、長いようで短いです。
そして、卒業していく生徒さんたちを送り出すのは、嬉しくてちょっぴり淋しい。
でも、これを機会に、ケーキデコレーティングの楽しさを知っていただけたと思うので、メソッドコースは終わっても、せっかく習ったテクニックと上手になった腕をキープするために、いろんなクラスを開催していきますので、またいらしてくださいね~。

12月はウィルトンコースはお休みをいただいて、1月からスタートするクラスを、近々新たに募集いたします。
楽しそうだな~(楽しいよ!)、やってみようかなー(やろうやろう!)と思われる方は、是非ブログをチェックしてくださいね。
メールアドレスをお知らせいただければ、一足早く、募集のご案内を差し上げることも出来ますので、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせは、info☆kawaiicake.com まで。
お手数ですが、☆を@に変えてご送信ください。
タイトルに、【ウィルトン】と入れておいていただけるとスムースです。

どうぞよろしくお願いいたします。




[PR]
by wilton_m | 2015-11-23 14:34 | クラス

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m