<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


昨年秋から日本でも導入されたコース4、アドバンス・ガムペーストフラワーのクラスを、6月に開講します。
新しく増えたコースなので、導入前にメソッドを学んだ方たち対象です。
以前はコース3でウィルトンメソッドコースが卒業でしたが、現在はコース4までの履修が必須になっています。
コース3までしかやっていないわ~、という方、ぜひこの機会にご参加くださいね。
コース3まで、別教室で修了された方もご参加いただけます。

今回は、2日間でコース4の4レッスンすべてを終わらせます。
午前、午後と1レッスンずつ行いますので、遠方の方もご参加いただきやすいかと思います。


◆コース4・上級ガムペーストフラワー◆ 内容はこちらをご参照ください。

 2014年6月14日(土)10:00~12:00, 13:00~15:00
 2014年6月23日(月)10:00~12:00, 13:00~15:00

 定員・4名 …締め切りました。
 講習料・29,451円(材料費・税込)

 ランチは各自ご用意ください。
 制作の都合により、レッスン内容が少し前後します。ご了承ください。

お申し込み、お問い合わせは、
info☆kawaiicake.com (☆マークを@に替えてください)まで。
ご不明のことがございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいね。



[PR]
by wilton_m | 2014-05-22 22:37 | お知らせ
ウィルトンクラスのコース1(ベーシック)で使用するケーキは、毎回私が前日に焼いているのですが、実はこれがなかなか人気です(*^_^*)。
生徒さんの中から、ケーキの作り方レッスンもして欲しいという声があり、日程を組みました。
ウィルトンクラスは、デコレーションに特化したレッスンなので、本体となるスポンジケーキやカップケーキの作り方はレッスン内容に含まれません。
もちろん市販のケーキをご利用頂いてもいいのですが、大きさや形など、お好みのものを作れるようになっておけば便利ですし、経済的でもあります。
特にカップケーキは、可愛いカップもたくさんありますので、このカップで焼きたい!と言うことも多いです。

◆スポンジ&カップケーキレッスン◆
日時:2014年6月2日(月)10:00-12;00 
   2014年6月3日(火)10:00-12;00
内容:スポンジ&カップケーキの作り方レッスン
講習費:5,400円(税込)
定員:4名…2名様以上で開講いたします。

持ち物は特にありません。

ウィルトンクラス以外の方も、ご参加頂けますので、ご希望の方は、
info☆kawaiicake.com (☆マークを@に替えてください)までお申し込みください。

レッスンはデモンストレーション形式で実習はありません。
講師の制作工程をご覧になったあと、焼き上がったものをご試食いただきます。
材料の選び方から理論まで、しっかりとレクチャーいたします。
スポンジは、どんなものにも応用できる日本タイプのふわふわ、しっとりのスポンジを。
カップケーキは、ボール1個とホイッパーで出来る、甘いクリームアイシングに合わせたふんわりタイプです。
どちらも、そのままでも美味しく召し上がって頂ける自信作です。
このまま普通のショートケーキデコレーションにもお使いいただける、美味しいレシピです。

どなたでも受講いただけますので、スポンジケーキの焼き方でお悩みの方もどうぞ~。
お申し込み、お待ちしています。




[PR]
by wilton_m | 2014-05-22 11:17 | お知らせ

ご卒業おめでとう~!


1月からスタートしたクラスも、いよいよ最終回となりました。
コースのラストレッスンは、コース4で作り貯めたお花を、ひとつのブーケにまとめます。

f0281084_12354997.jpg

その前に、お花ひとつずつをお化粧してあげなくてはなりません。
パウダー状のカラーをはたいて、お花にニュアンスをつけていきます。
平面的だったお花が、このダスティング作業によって息を吹き込まれ、本物のお花のように生き生きしてきます。

f0281084_12360398.jpg

ユリの花びらは1枚ずつ作って、乾かしてからお花の形にまとめます。
単調な白い花びらが、表情豊かになってきました。

f0281084_12355365.jpg

そして、ワイヤをフローラルテープで丁寧に巻きます。
この作業をすることによって、ブーケをまとめやすくなります。
ちょっとめんどくさいけどね(笑)。


f0281084_12360360.jpg
小さなブロッサムをこんな風にまとめるだけで、ちっちゃな可愛い花束が出来ます。
こんなミニブーケが、プレイスプレートのナプキンに添えられていたら嬉しくなっちゃいますね~。
お客様をするときに、ナプキンのカラーに合わせて作ったりも出来ます。
ちょっとお茶を飲みましょう、なんて気軽なときでも、こういうものがあると楽しい。
お砂糖で出来たお花ですから、話題にもなりますね。
束ねたワイヤ部分にリボンを巻いて、輪っかにするとナプキンリングにもなります。

さて、そして皆さんのブーケをご覧になってね~。

f0281084_12525380.jpg

どうですか~? みんな、とってもきれいでしょう?
スイートピーとブロッサムは、自由にお好きな色をつけていただいたのですが、このお陰でそれぞれのブーケに個性が出ました。
一方向からだと、チラリとしか見えないのがちょっと残念。
一番右のKさんは、リリーの芯に、おしべの先の葯(やく)の色違いを使いましたが、それだけで印象が違います。 
ユリは、作った人の違いがそんなに出ないかなぁと思っていたのですが、なかなかどうして! 
ピンクの色の差し方や斑点のつけ方で、お顔の違うユリになることを発見。 

長かったようで、あっと言う間だった4ヶ月間。
みんな熱心に、一生懸命宿題も練習もしてくれて、回を重ねるごとにぐんぐん腕を上げて行きました。 
でもね、しばらくやらないと忘れちゃいますからね。なんでもそうよね。 
なので、今まで習ったことを生かして、どんどん作ってくださいね~。 
おうちの方々にも喜んで貰えるし、お友達にプレゼントしたらビックリしてくれます。 
また復習クラスもありますので、そちらにもご参加くださいね。

ウィルトンメソッドは、基本の絞り袋の持ち方、口金のセットの仕方から学びます。 
なので、全くの初心者の方でも全然平気。 
それぞれのコースは4レッスンで構成されていますが、中身の濃いレッスンなので、たった4回のレッスンでいくつかのお花を絞れるようになります。 
そして、だんだん複雑な絞りや、お砂糖の粘土のようなペーストを使ったデコレーションへと発展させていきます。
コース4までのレッスンを修了した方は、アメリカ・シカゴの本部に申請後、「4Star Student」の証書が与えられます。 
ウィルトンは全世界共通の内容でレッスンをしていますので、この証書は、正式に公認クラスで履修したという証明でもあります。

今週金曜日からは、また新しいメンバーをお迎えして、新しいクラスがスタートします。
気持ちも新たに、私ももう一度、コース1のテキストをおさらいしておかなくては。
ケーキデコレーションは、楽しくて可愛くて、そして美味しい(笑)。
周りのみんなを笑顔にし、作る人も楽しくて笑顔になります。
一緒に学んでみませんか?

Happy Cake Decoration!







[PR]
by wilton_m | 2014-05-06 13:20 | クラス

いよいよ大詰め


コース4も3回目、いよいよ次回は最終回という大詰めです。
このコースは、最終的にはお花のブーケを作りますので、ケーキはありません。
あれ?ケーキデコレーションなのに?と思われるかも知れませんが、ブーケが出来るようになると、ケーキの上にアレンジすればいいだけなので、すごーく応用が利きます。

f0281084_18591825.jpg

シュガークラフト界では、よく出てくる周知のお花、ステファノティス。
でも本物は見たことないのよね~、と言っていたのですが、ぐぐってみた!
そしたらー、ステファティノスというのは、マダガスカル・ジャスミンの別称だそうです。でも、ジャスミンの仲間ではないという、なんかわかったようなわからんような…。
結局、よくわからん花ですが、見たことあるのかなぁ?
とにかく、このお花は丸めたペーストを、いわゆるメキシカンハット型に成型して、それをカッターで抜いて作ります。

f0281084_18592153.jpg

そして、レッスン1で作ってあった芯を使って、スイートピーのお花も作りますよ~。
スイートピーは、チョウチョみたいで可愛いね。いろんな色で作るとラブリー❤

f0281084_18592534.jpg

お花たちは、こんな風に吊して乾かします。
これはウィルトンから出ている専用ツールですが、なかなか優れもの。
昔からあるイギリス製のよりも、ずっと使いやすい。(そして安い(笑)。)
たくさん吊せますしね。
私は大量にお花を乾かすときは、今までパスタを干すツールを使っていたのですが、あれよりこっちの方が断然いいわ~。
もしかしたら、これ、パスタも干せる?


f0281084_18593014.jpg

右側のトレイに入っているのは、今までに作って乾かしてあったパーツに、カラーを筆で着けて、ニュアンスを出しました。
ダスティングって言います。ウィルトンのテキストでは、仕上げのタッチと書かれています。
このダスティングをすると、花や葉に一段と表情が出ます。
このときに使うカラーは粉末状ですが、昔から使われているいわゆる「食紅」とは違うものなの。
仕上げ用なので、水で溶いたりせず、はたいて使います。
つまり、早い話がシャドウやチークみたいな感じね。
お花たちもお化粧ってワケよ~。

次回はいよいよ、ウィルトンメソッド全4コースの最終回。
残りのパーツにダスティングをして、お花に組んでいきます。
葉っぱも組み合わせて、きれいなブーケが出来ますよ~。
コースが終わっちゃうのは、なんだか淋しいな。。。





[PR]
by wilton_m | 2014-05-01 19:20 | クラス

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m