<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ご卒業おめでとう~!

さて今日はいよいよ、ウィルトンメソッドコースの最終回。
ガムコースのケーキを制作して、無事にウィルトンメソッドを修了ということになります。
皆さん、仕上げに使うお花や葉っぱのパーツをたくさん作ってきて、荷物もどっさりです。
今日はもう、できあがりに向かって、サクサク作っていくだけ!
頑張っていきましょう~。

f0281084_14281074.jpg

作業中の様子ですよ~。
真剣に作っていると息が出来なくて、ときどき大きなため息やら(笑)、

f0281084_14295357.jpg

わー!、やら、ぎゃ~!、やら(笑)、

f0281084_1431896.jpg

騒ぎながらも、着々と進んでいきます。
パーツのお花を実際にケーキにアセンブルしていくのは初めてなので、うまく思う方向に向かなかったり、お花が思ったよりたくさん必要で、予定していなかったお花も動員したりと、若干の変更はありましたが、無事に皆さん、できあがりました~!
ひとりずつご紹介していきますね。

f0281084_14334797.jpg

まずはIさん。
リボンをトップに載せて、それに絡めるように種々のお花をアレンジしました。
カラーを流れるようなカスケード風にして、動きも感じられる作品です。
ボードに載せるときに、ケーキをちょっと後ろにずらしてスペースを作りました。
裾のバラが、いいアクセントになっています。

f0281084_14384299.jpg

こちらは、Tさんのケーキ。
サイドは、モルドを使ってデザインしました。裾ボーダーのパールもモルドです。
トップは、色とりどりのカーネーションをたくさん盛って仕上げました。
Tさんは、お花もどっさり作ってありました。
あんなにたくさん作るのは、大変だったと思います。
こんもりカーネーションの可愛いケーキが出来ました。

f0281084_1438462.jpg

そして、Hさんのケーキ。
リボンを十字に掛けて、トップの部分にカラーとバラ、カーネーションを使いました。
色合いも元気の出るビタミンカラー。
中心は、フォンダンのお団子を土台にして、お花をアレンジしています。
くるりと取り囲んだカラーが、裾ボーダーの葉っぱとリンクしていいリズム感が生まれ、楽しいケーキになりました。

f0281084_14453117.jpg

三者三様の修了作品が出来ました。
それぞれ個性があって、どのケーキもとても素敵です。
この3ヶ月、一生懸命おうちでの練習や宿題をこなしながら、とてもいい生徒さんたちでした。
本当にありがとうございます。
3ヶ月前は、ケーキデコレーションをしたことがなかったなんて思えない出来栄えでしょう?

ウィルトンクラスでは、こうしたメソッドのコース以外にも、単発のクラスも企画しますし、コースを修了した卒業生対象のクラスもあります。
しばらくしていないと忘れちゃいますので~、おさらいの意味も込めて、楽しみながらご参加していただけるようなクラスを企画しますね。
また、初めての方対象の体験クラスもあります。
こちらは随時募集していますので、お気軽にご参加くださいね~。

さて、来週からはまた新しい生徒さんを迎えて、2期目のコースがスタートします。
私もまた新たな気持ちで、生徒さんたちをお迎えしましょう。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-26 14:53 | クラス

今日は盛りだくさん!

さて~、いよいよこのコースも残すところあとわずか。
3ヶ月なんて、あっという間ですね~。
この3ヶ月の間に、いろんなお花やデコレーションが出来るようになるなんて、ちょっとワンダホー!

今日はまず、かわいいデイジーから行きますよ~。

f0281084_17282970.jpg

………かわいいデイジーから、と言ったのに、このデイジー、あまり可愛くない。。。。
芯が小さすぎ! その上、水色なのがいけないんだと思う。
よっしゃ、これでどうだ~!

f0281084_1732139.jpg


やっぱデイジーは、黄色い芯でなくっちゃね。
お花の色を変えて、

f0281084_17335039.jpg

こんなのも出来るし、

f0281084_17342054.jpg

思い切った配色で、ガーリーな感じね。
色が違うだけで、印象がずいぶん違います。

f0281084_173559100.jpg

そして、同じ型を使って
菊って~、菊って~、菊ってどうよ? 確かに今月はお盆だけどさ。と思った方もいらっしゃいましょう(笑)。
日本で菊は、なんとなく仏事に使われるイメージですが、私の感じたところでは(あくまで私の感じね。根拠はありません。)、菊って欧米人にとっては、東洋的なとてもゴージャスな美しい花、という気がします。
だって、話をしているとそんな感じなんだもん。
同じようなオリエンタルビューティな花に、牡丹があります。
牡丹とか芍薬とか、あちらではなんだか一緒くたになってる気がするのですが(特にケーキデコレーション界では)、十把一絡げにピオニーと呼ばれて、人気のお花です。
今日も、作るまではみんな、え~、菊なのぉ~、と言っていたのが、作ってみると、あら、可愛いじゃない?なんて声が上がりました。

f0281084_17415813.jpg

カップケーキに1個載せたり、

f0281084_17423150.jpg

こんな風に使っても、とても可愛い。
このケーキのサイドの、レースみたいなフリフリ、可愛いな~、と思われた方もいらっしゃると思いますが、

f0281084_17481558.jpg

これはアイレット、という手法です。
アイレットって、日本語ではハトメのことね。
この画像は、穴を開けてさらに絞りを施しています。

f0281084_17505672.jpg

前回のカラーと組み合わせて、こんなサイドデコに使ったりも素敵。
今日はサイドデコもやりました。
このアイレットとラッフルボーダー、ロープボーダー、ボールボーダーなど。
このケーキの裾の部分は、ロープボーダーという手法です。
そのほかにね、ボールボーダーとという、サイドデコの手法をやりまして、それはね、さっき出てきたガーリーなピンクxブラックのデイジーのケーキの裾に使っています。
さかのぼって、見てみてね~。

実はこのサイドデコシリーズは、テキストではレッスン4で学ぶことになっています。
でも、次回は最終回。そして、ガムコースの作品制作になります。
作品とじっくり取り組んでいただきたいので、シュクルではレッスン3で、できるだけの説明と実習をやってしまうことにしました。
大丈夫よ~、端折っていませんよー(笑)。

f0281084_18104377.jpg

これは、生徒さんに実際に作って貰ったもの。

f0281084_18111521.jpg

それにオマケで、こんなアイレットパータンのバリエーションなんかも。
お余りペーストでやったので、へんなベースですけれどね(^_^;)。

f0281084_181335.jpg

そして今日最大の難所、カバリングですが、みんなきれいに掛かりました。
ウィルトンのロールドフォンダンは、とてもきれいに掛かります。
国産のペーストだと乾燥が早くて、表面がバリバリしてきて、我々シュガー界での通称・象さん(象の皮膚みたいなシワシワ)になってしまうことが多いのですが、このロールドフォンダンでは、そんな心配がありません。
それに、時間が経ってもカチカチにならないので、本物のケーキにカバリングした場合、ケーキと一緒にナイフで切れます。

カバリングしたボードの部分に、今日学んだ手法を、早速アレンジした方も。
それぞれもうお花を作り始めたり、新しく習ったものを取り入れようかな~、とか、テキストには載っていませんが、モルドも見て貰ったので、モルドを使ってみようかなー、とか、それぞれ自分のケーキのプランが、できあがりつつあるようです。

さて、次回はいよいよ最終回。
この3つのコースが終わって、メソッド卒業ということになります。
どんなケーキができあがるのか。とても楽しみです。
皆さんもお楽しみに~。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-19 18:28 | クラス
昨日ブログをせっせと書いて、途中で離れていたらフリーズして、書いたものが全部吹っ飛んだ!!!
すっかりやる気なくして、今日はリベンジです。

さて、今回はガムのフラワーに取りかかります。
いよいよお花だよ~。テンション上がりまっす!

f0281084_9581112.jpg

まずはカラー。英語ではcalla lily、カラーリリーって言いますが、これ百合じゃないよね~。まぁいいか!
日本語では海芋(カイウ)、サトイモ科らしいですよー。言われてみれば葉っぱは似ている(笑)。
そんなカラーですが、ウエディングにも人気ですよね。
スマートで清楚な姿は、スレンダーなドレスにとても良く合います。

f0281084_1014327.jpg

こんなふうにいっぱい盛っても可愛いし、

f0281084_1034762.jpg

他のお花と組み合わせると、とてもゴージャス!

f0281084_1043171.jpg

そしてローズ
アイシングで絞ったローズも可愛いけれど、ペーストで作るローズは、よりいっそうリアル感が出せます。
重ねる花びらの枚数で、つぼみや七分咲きのようなバラも表現できますし、様々な大きさを組み合わせてブーケを作ったりもします。

f0281084_107257.jpg

ピンクのハートの上に、ピンクのバラがいっぱい!
これだけでも素敵~。

f0281084_1092946.jpg

このくしゅくしゅしたのはカーネーションですよー。
カーネーションは、一見地味ですけれどね、案外いい仕事をしてくれるので、私は大好きです。
大きなメインのお花のそばに、このくしゅくしゅカーネが添えられていると、ポンポンみたいでホントに可愛いの-。

f0281084_10125967.jpg

こんなカーネーションだけのケーキもいいでしょ。

次回は菊型のカッターを使って、また新たに2種類のお花を学びます。
そして、ペーストを使ったカバリングの方法などもやりますよ~。
生徒さんたちはそれぞれ、自分の好きなお花を使っての作品の構想を考えつつあります。
この、どんなケーキを作ろうかなー、というところが一番楽しいところ。
そして私も、皆さんがどんなケーキを生み出してくれるのか、とても楽しみです。
ウィルトンメソッドコースも、残りあと2回。
頑張っていきましょう~。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-13 10:19 | クラス
6月からスタートしたウィルトンクラスも、今月はメソッド最終の「ガムペースト&フォンダン」のコースに入りました。
なーんだかあっという間ですね~。
今まで、ベーシック、フラワーと進んできて、このガムコースはまた違ったテクニックです。
シュガーペーストという、お砂糖で出来た粘土と言いましょうか、食べられる甘い粘土を使って、お花やフリルなど、様々なテクニックを学びます。

元々アメリカでは、いろんな口金を使った絞りのデコレーションが主流でした。
そもそもケーキデコレーションはイギリスで発展してきたものですが、シュガーペーストそのものは、イギリスの連邦国であるオーストラリアで発祥したと聞いています。
それがイギリスに渡り、それまで培ってきたデコレーション技術に加えて、さらに発達しました。
私が最初習ったシュガークラフトは英国式のものでしたが、ちょうどこのペーストで作るお花が全盛の頃でした。
その頃、アメリカではまだ絞りで表現するケーキが多かったと思います。25年分くらいウィルトンのイヤーブックを持っていますが、1990年代前半は、まだフォンダンやペーストのケーキは少ないです。
でも、ペーストを使ったデコレーションは、アイシングやクリームとはまた違った表現が出来ますので、アメリカはその点上手く両者を融合させて、ホントに楽しいデコレーションがたくさん生まれました。
アイシングとペースト、それぞれの良さがありますし、それぞれに可愛く楽しく美しいです。

ウィルトンのガム&フォンダンデコレーションは、イギリス式ほど繊細ではありません。
でも、食べるケーキとしての観点があると思います。
結婚式やバースデイのみならず、ちょっとしたパーティーになんかにも、ちゃちゃっと作れちゃう気軽さとおおらかさ。アメリカならではの良さですね~。
このコースでは、そんな楽しいペーストのテクニックが満載です。

さて、今日はまず、ガムペーストとフォンダンの違いなどを学んだあと、リボンボウを作ります。

f0281084_14313220.jpg

なんかね~、この画像のボウは、実際にクラスで作るのよりリボンが細いんですが、ちょうどいいのがなかったの。まぁ形は一緒なので、いいことにしよう(笑)。

f0281084_1433751.jpg

伸ばしたペーストをリボン状にカットするには、こういう道具を使います。その名もリボンカッター! ……まんまだわね。。。(笑)
画像は、ついでに模様のエンボスも付けているところなので、ちょっと柄が写っているでしょう?
パーツを組み合わせて使えるようになっているので、こういう風に模様をつけたり、縁をギザギザにカットすることも出来ます。
この道具は、レッスンキットに入っていますよ~。

f0281084_14372222.jpg

リボンループを、カップケーキに載せたり、

f0281084_14375690.jpg

こういう風に、ギフトボックスみたいなケーキも作れちゃいます!
これは縁を、ギザギザでカットしていますね。
バレンタインなどに同じ方法で、チョコレートでボウを作ってケーキに載せると、盛り上がりますよ~。転写シートなんかを使えば、ますますgood☆!

今日はお花については、芯だけです(^_^;)。
菊(マム)、バラ、カーネーションの芯を作りました。
画像がないっ!!
まぁ芯だけですからね~。画像なしで許して~。

道具の使い方なども、今までのコースとはちょっと違うものが出てきます。
変わったスティックやいろんな形の抜き型、花びらに表情を付けるためのパッド、乾かすフォーミングカップなどなど。
お道具が増えていくと、さまざま出来ることがたくさんになって楽しいです。

私自身がケーキデコレーションをスタートしたときは、こんなふうなクラスが日本にはなかったので、ひとつひとつ、習っては道具を買って…、という感じでした。
こういうキットがあると、最低限習ったものは作れるようになるので、そこはとてもいいなぁと、今習う人たちをちょっと羨ましく思います。
昔のことを思えば、道具も材料も手に入りやすくなりましたしね~。
ペーストのミックスなんてなかったから、イチから手作りしていました。今でも時々、作りますけどね。
ああ、昔話を始めたらトシヨリの証拠だわ-(笑)。やめようやめよう。

来週は、カラーだのバラだのカーネーションだの、いろいろお花を作りますよ~。
お花が出来てくると、ますます楽しくなります。
好きなお花は何かな-? 
作るのが楽なお花!なんて言わないでね~(笑)。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-05 15:01 | クラス

夏なつナツなつココナツ

タイトル見て、思わず歌っちゃいました?
もしメロディが口をついて出てきたなら………、それなりのお年とお見受けいたしました(笑)。
私? 私なんかもう、続きにアイアイアイアイ~、と出てきちゃう。当時はすっかり、大人も大人でしたわよ。

こないだ行ってきた代官山インストラクターセミナーで、習ってきたお花の絞りを復習しなくちゃあ!なので、夜なべに絞りました。
2段ケーキの方に使ったのは、イースターリリーという名前の小さい可愛い百合。
カラーと大きさを変えれば、ブルーベルとかにもなるかな。

同じリリーネイルを使って、ペチュニアや、ハイビスカスが絞れるのです。

f0281084_1703891.jpg

このおしべセットにね(一部キラキラしていてきれいです)、ハイビスカス用の芯があるのよ。。。(右の束です。)
これはもう、絞れってことですよね~。
花弁の5等分がちょっと難しいのですが、私は勝手に、うまく5等分できる新兵器?(笑)を開発したので楽勝であります。
調子に乗っていっぱい絞ったよ。
で、せっかく絞ったので、ケーキに仕立ててみました。

f0281084_1773567.jpg

ハイビスカス、いっぱい絞ったのに4個しか、いらんかった。。。ケーキが小さいからね。
余ったお花は捨てちゃうのもかわいそうなので、作り置きのお花を入れておくパーツ箱にしまいました。
ちなみにハイビスカス以外の小花は、このパーツ箱から出てきたものです。
でもね、小花はなにかと出番が多くて重宝するんだけれど、果たしてハイビスカスの出番はあるだろうか??

f0281084_179431.jpg

ボーダーとガーランドの絞りの部分は、一応ホワイトとブルーのアイシング2色使いなんですが、あまり見えないですね~。
波の感じを出したくて、ガーランドも等分せずに、間隔も高さもランダムに(テキトーとも言う)絞りました。
いや~、ランダムっていいわー。思いつくまま絞ればいいんだもの(笑)。
貝殻は、手持ちのモルドを使いましたが、ウィルトンにも、こんな海セットのモルドがあります。波のボーダーは、色を変えれば、他のデザインにも使えそうです。くるんとしたところにお花とかを付けても可愛い♪
f0281084_1721717.jpg

ハイビスカスがまだ、たくさんあるので他のケーキも作ってみようかなーと思うのですが、同じ色で絞っちゃったので、どうもイメージがね。。。
かといって、クッキーに付けるにはボリュームあり過ぎだし、カップケーキにでも載せてみる?
いやいや、いいのよ。お花は練習が必要ですからね。
練習の産物なのです、これは。
皆さん、練習しましょう(笑)。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-01 17:33 | デコレーション

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m