カテゴリ:デコレーション( 2 )

夏なつナツなつココナツ

タイトル見て、思わず歌っちゃいました?
もしメロディが口をついて出てきたなら………、それなりのお年とお見受けいたしました(笑)。
私? 私なんかもう、続きにアイアイアイアイ~、と出てきちゃう。当時はすっかり、大人も大人でしたわよ。

こないだ行ってきた代官山インストラクターセミナーで、習ってきたお花の絞りを復習しなくちゃあ!なので、夜なべに絞りました。
2段ケーキの方に使ったのは、イースターリリーという名前の小さい可愛い百合。
カラーと大きさを変えれば、ブルーベルとかにもなるかな。

同じリリーネイルを使って、ペチュニアや、ハイビスカスが絞れるのです。

f0281084_1703891.jpg

このおしべセットにね(一部キラキラしていてきれいです)、ハイビスカス用の芯があるのよ。。。(右の束です。)
これはもう、絞れってことですよね~。
花弁の5等分がちょっと難しいのですが、私は勝手に、うまく5等分できる新兵器?(笑)を開発したので楽勝であります。
調子に乗っていっぱい絞ったよ。
で、せっかく絞ったので、ケーキに仕立ててみました。

f0281084_1773567.jpg

ハイビスカス、いっぱい絞ったのに4個しか、いらんかった。。。ケーキが小さいからね。
余ったお花は捨てちゃうのもかわいそうなので、作り置きのお花を入れておくパーツ箱にしまいました。
ちなみにハイビスカス以外の小花は、このパーツ箱から出てきたものです。
でもね、小花はなにかと出番が多くて重宝するんだけれど、果たしてハイビスカスの出番はあるだろうか??

f0281084_179431.jpg

ボーダーとガーランドの絞りの部分は、一応ホワイトとブルーのアイシング2色使いなんですが、あまり見えないですね~。
波の感じを出したくて、ガーランドも等分せずに、間隔も高さもランダムに(テキトーとも言う)絞りました。
いや~、ランダムっていいわー。思いつくまま絞ればいいんだもの(笑)。
貝殻は、手持ちのモルドを使いましたが、ウィルトンにも、こんな海セットのモルドがあります。波のボーダーは、色を変えれば、他のデザインにも使えそうです。くるんとしたところにお花とかを付けても可愛い♪
f0281084_1721717.jpg

ハイビスカスがまだ、たくさんあるので他のケーキも作ってみようかなーと思うのですが、同じ色で絞っちゃったので、どうもイメージがね。。。
かといって、クッキーに付けるにはボリュームあり過ぎだし、カップケーキにでも載せてみる?
いやいや、いいのよ。お花は練習が必要ですからね。
練習の産物なのです、これは。
皆さん、練習しましょう(笑)。
[PR]
by wilton_m | 2013-08-01 17:33 | デコレーション

かわいいカップケーキ

来週は3回目のレッスン、ベーシックコースの後半に入ります。
2回終わって、私もちょっと肩の力が抜けてきました(笑)。
お菓子の教室を始めて、この6月で29年目になりました。改めて数えたら怖いわ~。
でも新しい生徒さんをお迎えするときは、今でもやっぱり緊張しますし、新しいクラスは尚更。
準備が万端整っているか、説明すべきことがきちんと頭に入っているか、前夜ベッドに入ってから眠りに落ちるまで、順を追いながらイメージトレーニングをします。
そうすると、不足な部分を「あ!」と思いだして、ごそごそ起き出したり(^_^;)。
最近は頭の働きが鈍くなってきたので、イメトレも最後まで行かないうちに夢の中のことが多く、いいんだか悪いんだか(笑)。
でも楽しい仕事なので、いい夢が見られます。

3回目はカップケーキにデコレーションするので、どの配合のカップケーキを焼こうかなぁ、といろいろ試しました。
直営店では生徒さんの数も多いので、外注にしている教室が多いのですが、私は元々製菓を教えているんだしね。やっぱり焼かなくちゃね。
結局、少し柔らかめ、甘めのバニラ生地にしました。チョコ味も美味しいけれど、やっぱりここはシンプルに(笑)。
それで~、デコレーションもちょっとやってみました。


f0281084_14411153.jpg

もちろん、食べてもみたよ~。
レッスンで絞りの練習に使うのは、ベーシックコースはクリームアイシングと呼ばれる、砂糖とショートニングで作ったクリームです。
アメリカン仕様なので、実際かなり甘い。がっつり甘いです(笑)。
生クリームは柔らかすぎて、色を付けたり、こういうバリエーションの絞りには向きません。
おうちでするときは、好みのバタークリームを使ってもいいし、チョコレートクリームやチーズクリームもおいしい。
絞りが出来るようになると、お料理のあしらいに、マッシュポテトを絞ったり、堅めのディップなんかを絞ったりも出来ます。お食事時に盛り上がるよ~。

カップケーキは、何年も前から世界的に流行してまして、特にケーキの上にフロスティングと呼ばれる極甘のクリームをたっぷりのせたカラフルなものが人気です。
クリームは絞ったり、パレットナイフで無造作に塗ったり。(でも実はこの無造作に塗った形を作るのが、すごく難しい!)
そして、トッパーと呼ばれる飾りを付けるのね~。

f0281084_1514442.jpg

これは、ハロウィンのときのですが、こんな風に食べられない紙で出来ているものや、

f0281084_15858100.jpg

こっちのお花は、砂糖で出来ていて食べられます。
このお花は、フラワーコースで習いますよ-。

カップケーキは手軽に作れて、可愛く飾り付けも簡単だし、ぱくっと食べられちゃうところがいいですね。
問題は、つい食べ過ぎちゃうことだな。
お手軽ですからねぇ。またこの甘さが、コーヒーに合うのよ。。。
[PR]
by wilton_m | 2013-06-15 15:18 | デコレーション

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m