コース3の作品です!

少しずつ暖かくなってきました。
今年1月、厳寒の中スタートしたクラスも、早いものでもうコース3が修了です。
あっと言う間な気がしますが、こんなに暖かくなったことを思うと、確実に月日は過ぎているということですね~。
コースは粛々と進めておりますが、「粛々」が上から目線な言葉だなんて、知らなかったよ。。。(参照・沖縄県知事の言葉より)
いやー、私が使うときは、全然上から目線の気持ちはございませんので。お含み置きくださいなー。

さて、コース3の皆さんの作品をご覧ください。

f0281084_14160543.jpg
まずはBさんから。
Bさんはブラジルの方で、日本語があまり得意ではありません。
私がポルトガル語を少しでも話せればいいのですが、「おはよう」と数字の1~5までしか知らないので、とてもご不便をおかけしています。
でも、レッスンは人一倍熱心で、宿題もちゃんとたくさん作ってきてくれます。
今回も、実際に使ったマム以外にも、ローズやデイジーもたっっっくさん、箱にいっぱい作ってきてくれました。
マムは菊なので、日本人の多くはケーキにはどう?と思われがちですが、こうやって使うと、とても可愛い。
新たな目を開かされた気分でした。
リボンは、この日の午前中のレッスンで作ったのでまだ乾ききらず、ループの間に詰め物をしています。見るときは気づかなかったフリをしてくださいね~。


f0281084_14160627.jpg
こちらはSさんの作品。
Sさんは、以前東京に通って、旧コースのウィルトンメソッドを受けられた経験者です。
県内だし、以前とは内容が変わっているし、復習もかねて通ってくださっています。
しばらく作らないと忘れちゃいますからね~。
おさらいがてら来て頂くのは、とてもいいと思います。
経験もあるのでとても手慣れていて、スイスイと作られます。
デージーを黄色で作って、カラーの合わせ方もばっちり。
ボーダーに巻いたリボンが品良く、すっきりと余白を生かしたデザインに仕上がりました。


f0281084_14160759.jpg
最後はNさんの作品です。
ピンクに黒の大きなドットで、モダンスタイルのデコレーションです。
Nさんは製菓のお仕事をしておられるので、カバリングもスムースです。
お花はカラーとバラを組み合わせ、リボンは少しだけループを作ってアクセントにしました。
ボードに巻いた黒いリボンが、全体をぎゅっと引き締めて、とてもいい役目を果たしています。

コース3まで無事に終わりましたが、とにかくこのクラスは3人とも、作業がとても早い!
ウィルトンのクラスは結構中身がぎっちりで、時間もいっぱいいっぱいのことが多いのですが、なぜかこのチームに関しては、いつも時間が余る。。。(笑)素晴らしいです。
あと残すところは、お花を作るコース4のみ。
でもこれも、あっと言う間でしょうね。
まもなく桜が咲きます。そして、梨の花が咲く頃には、もうコースが全部終わるかな~。すぐだね。

別記事でお知らせいたしますが、ウィルトンメソッドは6月の予定で、コース1~3の内容をアップデートいたします。コース4については、変更はありません。
今月は、私も新宿の本部で、アップデートセミナーを3日間、みっちりと受けてきます。
どんな風に変わるのか、楽しみです。
またご報告しますので、皆さんも楽しみにしていてくださいね~。




[PR]
by wilton_m | 2015-04-06 14:38 | クラス

長野県松本市にあるケーキスタジオシュクルの運営するウィルトン公認クラス(ケーキデコレーション)のブログです。


by wilton_m